Kawaii Kobe

神戸から、日本・世界へ。思わず写真を撮りたくなる“カワイイ”をご紹介

神戸・御影 幻の焼き菓子店「マモン・エ・フィーユ」絶品フレンチビスキュイはいかが。

time 2017/08/16

神戸・御影  幻の焼き菓子店「マモン・エ・フィーユ」絶品フレンチビスキュイはいかが。

7月12日、神戸・御影に焼き菓子店「マモン・エ・フィーユ」がオープンしました。
知る人ぞ、知る!百貨店の催事では、常に完売で“幻のお菓子”とまで呼ばれた大人気のお店なのです♪
今までは、催事やマルシェ、お取り寄せなどでしか手に入れることができませんでしたが、今回待望の初・実店舗が神戸にオープン!…ということで、早速お店へ行ってきました。

sponsored link

大人気!「マモン・エ・フィーユ」のフレンチビスキュイ缶


「マモン・エ・フィーユ」は、フランス語で“母と娘”という意味。お菓子作りが大好きなお母さまと、そのお菓子を食べて育った娘さんがお二人で始められたことがきっかけだそう。
お二人が真摯に、愛情をたっぷりと注いで製造するお菓子は、とても洗練された、シンプルで優しいお味。

中でもフランスの伝統菓子「フレンチビスキュイ」は大人気商品で、サクサクとした歯応えとともに小麦粉の風味が口いっぱいに広がる贅沢な一品です。
昔ながらのレシピに基づいて作られる本格派ビスキュイ。その原材料は発酵バター、小麦粉、砂糖、卵の4種類というシンプルさ。1枚1枚焼き色が違うのも手作りならではの魅力ですよね♪

そして、素敵な模様の缶に入っているのも人気のポイント♪
フランスでは古くからタイルなどにも用いられている“幾何学模様”がモチーフで、色合いも赤・青・白とフランスの国旗色になっています。
ビスキュイを食べ終わったあとも、大切に保管したくなる可愛さです♡


店内は、パリのエスプリを感じるスタイリッシュな空間。
美術館のようなガラス張りのディスプレイもとってもお洒落で、眺めているだけでも楽しいです♪

美味しそうな出来立ての焼き菓子はもちろん、冷蔵ショーケースにはケーキやタルト、プリンなどの生菓子も揃っています。

自分へのご褒美はもちろん、プレゼントにも喜ばれること間違い無しの「マモン・エ・フィーユ」のお菓子。
私が訪れた日は、オープン前から既に行列ができていました。人気商品は午前中で完売してしまう日もあるそうなので、早い時間の訪問をおすすめします♪

 

【Maman et Fille(マモンエフィーユ)】
◆住所◆ 兵庫県神戸市東灘区御影2-34-20 グレイスリー御影 1F
◆HP◆ http://me-f.jp

sponsored link

Kawaii Kobe

Kawaii Kobe

神戸出身の管理人です。 本サイトを通じて、大好きな神戸の街を拠点に写真や文章に自らの“感性”を注ぎ込み、“Kawaii=可愛い”瞬間を切り取るブロガーを目指しています。